太陽光発電の魅力について紹介しています

太陽光発電で未来を変えよう

福島では太陽光発電システムを積極的に導入しています。
それは平成23年3月11日に起こった東日本大震災を経験したからです。
これまで安全だといわれてきた原子力発電所が倒壊し、放射能が漏れ出したのです。
放射能の影響から身を守るため、転居をよぎなくされた人が数多くいます。
住み慣れた土地を捨てなければならなくなったのです。
倒壊した原子力発電所を放っておくことはできないので、後処理をするため危険をおかし働く人がいます。
後処理で出た汚染された廃材を捨てる場所を確保するのも大変な状況です。
放射能は体の外から浴びると人体に悪影響がでます。
また放射能を浴びたほこりなどを吸い込んでも人体に影響がでます。
そんな原子力発電の現状を日本も世界も再認識させられたのです。
確かに効率よく電気をつくれるシステムであるといえます。
しかしウランなどの核燃料を使うことには、さまざまな危険がつきまとうのです。
また核燃料を燃やすことで温室効果ガスである二酸化炭素が発生します。
温室効果ガスは地球温暖化の原因といわれています。
できるだけ発生を抑えたいものです。
地球環境や人体への影響のことも考えていきましょう。
原子力発電に代わる発電方法として、火力発電や水力発電や風力発電や太陽光発電や地熱発電が浮かんできます。
発電は発電所というおおがかりな施設を建てなければできないものが多いです。
そんな中、個人でも取り組める発電方法があります。
それは太陽光発電システムです。
屋根の上に太陽光パネルを設置して太陽の光を集めるのです。
そしてそれを家庭用の電気に変換します。
家庭に限らずオフィスや企業なども取り組めます。
単純に太陽光パネルの枚数が多いほど、太陽の光が多く集まります。
すなわち屋根が大きいほど、電気をたくさんつくれるということです。
工場などの大きな屋根はまさに適しているといえるでしょう。
永久的に尽きることのない太陽エネルギーを使うのです。
昼間の電気は補えるので、足りない分だけを電力会社から買います。
そうすることで電力会社がつくる電気の量が減ります。
二酸化炭素の発生量も減ります。
災害が発生して電力会社になんらかのトラブルが発生して停電した場合でも、予備電源として活躍します。
電気をつくる方法は、なにも原子力発電だけではないということを多くの人に知ってもらいたいのです。