太陽光発電の魅力について紹介しています

いわき市で進められる太陽光発電の導入

いわき市では、2011年に発生した東日本大震災で、多くの被害を受けました。
そこで、復興政策として、住宅の再建などが行われており、環境に優しい街づくりを進めています。
その一つに挙げられるのが住宅用太陽光発電システムの導入です。
太陽光発電は、住宅の屋上などに設置した太陽光発電モジュールに太陽の光を当てることで、太陽の熱エネルギーを電力に変えるシステムです。
この発電方法は、石油などの資源をしようせず、発電時に二酸化炭素が発生しないため、クリーンな発電方法として現在注目を浴びています。
とくに、いわき市などの地域では、原子力発電所が稼働停止していることから、電力の不足が問題となっています。
そこで、住宅自体に太陽光発電システムを導入することで、住民自ら電力を作り出し、節電や電力不足に対処することができます。
ただ、そのシステムの設置に対しては費用がかかってしまいます。
そこで、設置時の費用負担を軽減するために、いわき市では補助金制度を導入しています。
この補助金制度は国の設けている補助金制度と併用が可能なので、太陽光発電システムを導入する家庭は、設置費用を抑えることができます。
この太陽光発電で発生した電力は、夜間に使用することもできるため、電気代の節約にもなりますし、停電時にも利用できるため、災害の対策にもなります。
この補助金制度が設けられたおかげで、いわき市で新築される家屋に太陽光発電システムを導入する家庭も増えています。
今後、太陽光発電はいわき市でさらに導入が進んでいくでしょう。