太陽光発電の魅力について紹介しています

大規模太陽光発電への期待

福島県では、福島県復興計画と言われる計画の中に、再生可能エネルギー推進をこれからの復興、再生に向け、重要視すべきプロジェクトの一つに位置付けています。
具体的な推進方策のひと つとして、太陽光発電の導入促進を挙げています。
大規模な太陽光発電、「メガソーラー」の導入を検討していて、 候補地を公表し、その地域で発電事業を行う事業者を募集しています。
その、大規模太陽光発電、メガソーラーとは、出力1,000kW以上の太陽光発電のことを示します。
しかしながら、誰かがメガソーラーの太陽光発電をここに設置したい!
ここに置いてくれ!と考え、名乗り出ただけでは実現させることは出来ません。
メガソーラーの設置にはそれなりの資金が必要で、維持費もかかります。
採算が取れると判断することの出来るところでなければ、せっかく建設しても、赤字となってしまうのです。
採算を取るために、建設地の条件としては主に日照条件や、建設予定地の気候が挙げられます。
また、耕作放棄地よりも、土壌が汚染されてしまっていて、普通に土地を利用するのが難しくなってしまった工場跡地などに設置することで、土地の有効活用も計れます。
そんなメガソーラーのデメリットとメリット。
デメリットとしては、コストが掛かる割には発電量はさほど大きくはないことです。
しかしそれでもメガソーラーを推進するには、それなりに理由があります。
それが他の発電方式では考えられない、早期設置と運用が出来てしまうという点です。
他にも、先に挙げたような土地の有効活用や、電力の足りないところにスピーディーに発電所を作れること。
また、導入が非常に簡単で、計画立案から実施までに必要な期間は3ヶ月半程度。
地球温暖化の原因となる排気ガスを一切出さないなど、たくさんのメリットもあります。
候補地にはいわき市も挙げられていますが、やはり、土地の有効活用と言う点では、現在のいわき市や浜通り地域には大きなプラスになるのではないでしょうか?
原子力発電所を新規建設した場合には四半世紀を超える期間が必要となると言われており、その事からしても、原子力より安全性で、設置、建設も簡単なメガソーラーの活躍は、今後注目を浴びると思われます。