太陽光発電の魅力について紹介しています

売電について

太陽光発電を設置するメリットのひとつとして、売電があります。
売電、つまり電力を売ることができるということです。
電力を売ると言っても、太陽光発電によって作られた電力すべてを売ることができるのではなく、まず、その家で電力を消費しそれでも余った場合、その余剰電力を売ることができるということです。
逆に電力が足りなければ、足りない分は電力会社から電力を買って補います。
つまり、太陽光発電のシステムを持っていると、電力会社から電力を買ったり売ったりが自由にできるわけです。
ただ、買うときは24円/kWh程度であるのに対して、売るときは42/kWhと倍近い価格で売ることができるのです。
これが大きなメリットとなっています。
このため太陽光発電を設置する際にかかる初期費用は、浮いた電気代+売電という二重効果で10年程度もあれば回収できるであろうと言われています。
この売電の以前の売値は、電力会社からの買値と同じ程度の金額でしたが、太陽光発電の普及を促進する狙いから、2009年11月から2倍に引き上げられました。
向こう10年はこのような高額買い取りが続くようです。
ですから、もし太陽光発電の設置を考えているなら今がチャンスなのです。
さて、この余剰電力は電線をつたって売ることができるわけですが、電力会社に戻っていくのではなく、実際には電線をつたってどこかの家庭で使われます。
もしかしたら、ご近所の家で使ってもらっているのかもしれません。
電気の仕組というのはおもしろいですね。
基本的に電気は蓄電できません。
生もののように、作られた電気はすぐに使わなければなりません。
もし、すべての家庭で太陽光発電を導入するならば、火力発電や原発が必要なくなるくらいの電力を作ることができます。
日本のように資源のない国では、確かに太陽光発電をもっと増やす必要があるのだろうと思います。
太陽光発電システムの価格は、これからさらに下がるだろうと予想されますし、発電効率はもっと上がっていくだろうと思います。
やがて、どの家庭でも太陽光発電を設置するのが当たり前という時代がくるかもしれませんね。