太陽光発電の魅力について紹介しています

太陽光発電のしくみなど概要を記します

さて、太陽光発電は、ソーラーシステムという呼ばれ方もしてますが、太陽のエネルギーを活用するシステムはいろいろな物があるのです。
ですから、単にソーラーシステムといっても、どのしくみを指すのか特定できません。
そして、一般的な住宅で太陽エネルギーを活用するしくみには、太陽熱・太陽光を利用するもの、があります。
その、太陽熱を活用するシステムはソーラー温水器・太陽熱温水器といわれて、お湯にされた水は風呂などで利用するのです。
また、太陽光を活用するシステムはソーラー発電・太陽光発電といわれていて、太陽光を電気へ変えて家庭用の電力として使われたり、余分な電気は電力会社へ売られたりしてます。
そのため、大まかにはソーラーというと、太陽光発電を指す場合が多くなるでしょう。
ところで、住宅用の太陽光発電で重要となるのは、太陽電池とパワーコンディショナーです。
しくみで重要なのはこのふたつで、太陽電池で電気を作り出し、パワーコンディショナーで家庭用電力・売電用電力とすることができるようになります。
この、パワーコンディショナーが重要なのは、太陽電池で発電された電気が直流だからです。
電力会社から供給される電気は交流ですから、直流の電気を交流へと変えなければなりません。
交流へ変換できることにより、家庭でも電力として利用できるようになるのです。
そして、家庭で利用する電力と電力会社へ売る電気を分けるのは、分電盤となります。
それから、発電された電気はまず家庭用の電力として活用されるしくみとなっていて、余剰分は電力会社へ送られるようにされているのです。
これは、売電メーターを通して送電されますから、電力量は記録されます。
この記録を元にしてお金が支払われますが、その逆に買電メーターは、夜間などに電力会社から供給された電力を記録するのです。
尚、このシステムを利用して昼間の電気の高い時間帯に売電して、夜の電気が安い時間帯だけ電力会社から電気の供給を受けると、大幅に節電・収入が得られます。

a-50-8
コメントa-50-8